胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

胃がん克服ママ流、メンタルがやられてるなってときの対処法

今年の胃がん克服ママは、絶賛、絶不調でございます。

震度5地震、大雨洪水の危機、旅行に行けば宿泊先が火事になり、その次に行った旅行では、強風で飛行機が大幅に遅れ、トランジットの際に荷物が現地に残されました。

今度は台風21号で、職場が雨漏りし、その対応に追われています。

雨漏りとの闘い

雨が降るたびに、最上階にあるフロアが水びたしになります。下階への被害をくい止めるために、雨漏りの水をチリトリですくってバケツに集め、破棄を繰り返しました。途中から、水を吸える掃除機が導入され効率は大幅にアップ。そのほかブルーシートを引いたり、電子機器などを安全な場所に移動しています。


住みなれた町や建物が傷ついたら

通勤途中の街路樹が根こそぎ折れてたり、校舎の痛々しい姿を目にすると、こたえます。

とくに校舎に対しては、思い入れがどんどんふくらんできて、

今までありがとう、あともう少し頑張って私たちを守ってね

って心の中で語りかて作業してます。

その中で気づいたことを、まとめました。

(その1)メンタルがやられてることを認めると、楽になる

何かあるたびに、

みんなが無事でよかった、怪我なくてよかった

と、続きを考えるようにして、タフに、物事を受け止めてきました。

最近は、このようなことを自然に考えられなくなって、無理やり思い込もうとしていました。

私、心が折れてるわ!!!

今、この文章を打ちながら、つくづく実感してます。

怖いのは、知らず知らずのうちに胃にストレスを与えてしまうことです。

自分をごまかさずに、しんどい時はしんどいって、素直に認めちゃいましょう!


(その2)仲間と一緒に作業をする

現在、疲労と全身筋肉痛でガタガタですが、同僚と雨漏り対策の作業で、落ち着きを取り戻せています。

今年の忘年会は、この曲でも歌おうか

レイニー ブルー

レイニー ブルー

  • 德永英明
  • J-Pop
  • ¥250
など、雨漏りの水をすくいながらブラックジョークま飛び交っています。お菓子をつまみながらの休憩も、癒しの時間ですね。

心が折れてるのは、私だけじゃありません。誰かが辛いって発信できたら、「私も、私も」ってみんなで吐き出せるのですが、そんな雰囲気には、なれないもんです。だけど大人でもケアは必要です。

自分が周りにできることは、

作業で大活躍している人には、賞賛を
辛そうな顔の人には、寄添いを

観察して、声かけしていこうと思います。

私は、だいぶ初期の段階で「顔色が悪いけど大丈夫か?」って何人かに言われ、メンタルやられてることに気づきました。

同じ作業をする仲間は、お互いにケアしあえる存在でもあるんだなって、今回改めて気づくことができました。

まとめ

  1. 弱ってる時は、自分をごまかさない
  2. 周りの人の様子をよくみて、ケアし合う


以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。