通信制高校で働く胃がん克服ママは、いのちだいじニスト

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

レジを待ちながら

夫の父が亡くなって1週間がたちました。

娘は、初めての身内の死を体験しています。私たち家族や親類は、娘のおかげで、場は和むし、頑張らなあかんなぁと気持ちにもなるし、彼女の存在にめちゃくちゃ助けられています。

娘はお通夜や葬儀の間、泣きませんでした。私や夫が泣いていることに驚いたり、周りの人が悲しむ様子をうかがっていました。

葬儀の翌日だったかな、寝かしつけのときに、おじいちゃんとの思い出を二人で語りあいました。そこで、ようやくシクシクと涙を流して泣きました。

日常生活を送る中で

おじいちゃんの死を、少しずつ受け入れているように思います。

先日も、スーパーでレジ待ちしてるときに、花火が販売されていることに気付いた娘は「ちょっと見てくる〜」と言って花火コーナーへ。

行ったばかりなのに、すぐに私が並ぶ列に戻ってきて、次のようなことを言ってました。

花火を見ていたら、おじいちゃんと一緒にしたこと思い出して寂しくなってん

「そうなんやぁ」と言って、頭をなでながら、

おじいちゃんは亡くなったけれど、こんな風に、ふとした時に思い出せる瞬間がこの先も出てくると思う。おじいちゃんとのつながりを感じられるってことも、伝えました。

寂しさは、つながってる証拠やねんで

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

大きな悲しみを前に

夫の父が自宅で倒れ、救急車で運ばれました。私も病院に駆けつけました。ちょうど担当医から、治療方針について説明がされました。最善を尽くしてもらいましたが、最期を迎えることになりました。葬儀屋さんにお願いして、実家に連れ帰えり、お坊さんに枕経をあげてもらいました。

突然の死をどう受け止めたらいいのか

私たちの動揺を感じてしまい、娘の言動が不安定です。

おとうさんの作ってくれた料理を食べました。もうこの味、食べられないのか。
おとうさんの使っていたコップを見ました。昨日と変わらない今日じゃないんだと。

父が亡くなった夜、このようなことを、ひとつひとつ確認しては、悲しくなりました。

もの静かで優しい人でした。夫と娘は、週末のたびに実家に帰って過ごしています。おとうさんには、娘の相手をよくしてもらってました。料理の腕前はプロ級で、美味しいご飯もたくさん食べさせてもらいました。

私は嫁として全然やのに、怒ることもなく、これ以上ないくらい、よくしてもらいました。感謝の気持ち、もう父がこの世にいない現実、ぐるぐるループしています。

分かちあえるということ

翌日お通夜、翌々日に告別式を行い、お山で荼毘にふしました。家族や親戚の方たちと一緒に見送りました。

父の人柄、料理の腕前、娘を可愛がってくれたこと、これからのこと、たくさん、たくさん、話をしました。

亡くなる前日まで、大好きな仕事をしていました。父の顔は、生前と変わらずおだやかでした。あっちでは、おかあさんがいるので寂しくないと思います。

しまんといてや〜

おとうさんの声が聞こえるのなら、こんなことを言い続けてる気がします。

だから、私たちは家族で乗り越えていこうと思います。

安心して、おかあさんのところに行ってもらえるように

桜のワンピース

娘が生まれた日も、雲ひとつない晴天でした。昨日の入学式も、明け方頃までは雨が降っていたのに、家を出る頃にはすっかり晴れて、青い空が広がっていました。



通学路には、桜が咲く公園があります。ドロドロの地面でしたが、桜の前で記念撮影しました。私も娘も黒い靴を履いていたので、学校着く前に汚れちゃいました。



娘には、ピンクのワンピーススタジオアリスで入学の記念撮影したら、無料レンタルを利用)を着せました。桜の花びらが舞うと、よく映えるんです。この光景を見れたことが、私にとっては至福の瞬間です。

めっちゃ満足そうな顔をしてたのでしょうね。娘は私の顔をみては、

ママ、生きててよかったね

って言ってくれました。

ほんまやで(ウルウル)

校門でも撮影して、また同じやりとりを繰り返したので、はたから見たらすっかり怪しい親子です。早めに出たのに集合時間ギリギリになってしまいました。

受付を済まけ保護者席(最後列)で娘の入場を待ちました。ドキドキしました。式が始まり、新入生として入場してきました。娘は、となりの女の子と手をつないで、恥ずかしそうに歩いてました。

それを見て、またジーンと泣きそうに。

式が終わり、桜の木の前で集合写真を撮りました。このクラスでどんな日々を過ごすのかなぁ。期待で胸がふくらみます。その後、教室で教科書や配布物を受け取り帰りました。

担任の先生は、ベテランのキッチリ系でした。体育館では遠くからだったので怖そうでしたが、教室では笑顔がステキな方だとわかり、安心しました。

ちなみに

式で着せたワンピースは、買い取りたいくらい気に入りましたが、断腸の思いでアリスに返却しました。

写真と心の中に、あの光景を刻んでおきます。

娘から命の大切さを語りかけてくれる日がくるなんてね

生きてこの日を迎えられたことに、感謝します。この命を生きられて、よかったです。


以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

入学式前夜に

寝る前に歯を磨いていたら、娘がニコニコしながらよってきて、

胃がんになった時、入学式に出られないかもしれないって思ったんやろ。ママよかったなぁ、明日やなぁ。

ってことを、自分から言ってくれました。

あなたも大きなケガや病気もなく生きてこれたから、明日があるんやで。

ともに入学式を迎えられることに、幸せと喜びを感じます。

中学校の入学式も、高校も、大学も、成人式も、結婚式も、孫が生まれたらお宮参りに、七五三、、、。

ずっとずっと、一緒に生きていたいから

とりあえず、小1は交通事故に遭いやすいから事故るなよ!!!

って、ことを言いきかせました。

学童がない日は、自分の足で帰ってこなければなりません。ひとりで外を歩るかせたことがないので、事故に合わないことが当面のミッションです。

以上、胃がん克服ママの入学式前夜の一場面でした。本日もお読みくださりありがとうございます。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

ひとりっ子の知らない世界、

シートベルト事件

昨日、半日だけ友人の子ども(兄弟)を預かりました。

公園に行くときに、弟くんがシートベルトをつけたので「えらいね」って言ったら、

娘が「いつもシートベルトしてるのに、なんで私にはいちいち言ってくれないの?」って、涙を流しご立腹モードに。

娘と同い年のお兄ちゃんは、キョトンとしてました。娘にとったら大ショックな出来事だったようです。

公園到着後も、わざと兄弟と違う意見を出したりとワガママ連発でした。ママが自分を優先するか、様々なトラップを仕掛けて、全力で試してきました。

ひとりっ子育児では、味わえないスリリングな半日でした。


嫉妬を覚える

友達と遊べることをずっと楽しみにしてたのに、せっかく公園にも来ているのに、娘は泣いてばかりです。私も、だんだん引き出しがなくなってきて、とうとう禁断のセリフを言ってしまいました。

ほんまのお姉ちゃんになったら、どうするんや?

すると、娘は、

毎日こういう感じになるんやったら、ひとりっ子でいい!

キッパリと言い放ちました。

やっぱ、そうなるわなぁ、、、

私も3歳年下の妹が生まれてから、幼いままにも我慢というものを覚えた記憶があります。そして、我慢のコントロール方法が分からなくて、妹に意地悪してました。



半日だけでしたが、娘はひとりっ子では味わえない感情を、私は子ども同士の意見が分かれた時の大変さを味わえました。今回は、お兄ちゃんも、弟くんも、寛大な対応をしてくれてたので助けられました。

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

4年3ヶ月検診

寛解まであと9カ月

血液検査の結果は異常なしでした。



次は、CT検査

昨年6月に、乳がんの疑い(←エコーで再検査したらセーフ)があったことが話題になりました。主治医からは一般の人よりも、がんになるリスクが高いことを改めて忠告され、運任せにしてたらあかんなぁと思いました。


自分で出来ることがあるんやから

健康維持のため、スポーツジムに通うことにしました。で、申し込んだだけで油断しちゃって、体重が2キロも増加。

参考書を買っただけで、賢くなった気分になる奴

と、同じ理屈ですな!

ちなみに3月にジムに行ったのはたったの1回です。

月イチから週イチに

こんな感じでゆるゆるですが、リスクにビビっていても仕方ないので、出来ることはしていきます。

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

病院で悪質な患者をみかけた時に、考えたこと

病院が、一部の悪質クレーマーの対応に追われまくるとどうなるか?

大多数のまともな人が損をする

病院で会計待ちしている時

2分おきぐらいに「待たせすぎや〜」とデカイ声で受付にネチネチと文句を言うおっさんがいました。

その間、受付はいちいち対応しなければなりません。私の通院してる病院では、会計は違う方が処理しているので、その行為によって困るのは

  • 受付に用事がある人(おっさんのせいで待ちぼうけ)
  • おっさんの態度にイライラしながら、その場で待っていないといけない私のような人



我慢するけどもよー

大多数の方は、我慢しますよね。私もそうです。このご時世、やっかいな人に目をつけられたら本当に面倒です。

最近は、動画撮影してネットに投稿するなどの反撃方法もありますが、私はそこまでする根性は持ち合わせておりません。ただただ、フラストレーションをためるしかないです。


やっぱ、あかんことはあかんやん

病院だけに限らず、学校現場、商業施設、SNSなどさまざまな場で、独りよがりの正義感で自分の要求を押し通す人がいても、イライラしながらも黙って見過ごす方が大多数だと思います。私もそんなサイレントマジョリティに身を置いてます。

誰が見てもアウトな状況なら
その場にいる全員で「それはあかんやろ」って立ち上がって発言できたらいいのになぁ

みんなでだったら矛先がこちらにむいても分散されるし、理不尽にやられている人も周りから見捨てられた観を持たずにすむと思うのです。

想像してみてください。自分が仕事だったとしても、理不尽なことを言われ続けたらどんな気持ちになりますか?そして、同僚、上司、周りに人がいるにも関わらず、誰も助けてくれなかったら、、、。

私が病院でめっちゃイラってきたのは、受付の方を見捨てた自分に対してもありました。立ち上がれなくてごめんなさいと心の中で感じていました。


ダチョウ倶楽部的に

その場にいあわせるひとりが立ち上がったら、私も、私も、私も〜という流れが保証されているのであれば、最初のひとりとして「あかんやろー」って言うハードルは下がるのではないでしょうか。

昨年秋に、京大で行われた関西フォーラムで、文科省とかでえらい仕事をされていた鈴木寛さんという方が、次のようなことをおっしゃってました。

アメリカでは総会屋は成り立たない。
株主総会で変な要求している人がいたら、ほかの株主の質疑の時間が奪われるから、株主側から悪質なクレーマーにブーイングが起こる。

「そんなんアメリカの文化やーん」で終わらせずに、文化は草の根的な一人一人の意識で変えることもできる、とも発言されてました。

↓こちらの記事の下の方に、ちらっと同じ主旨のことに触れられてました
【第2話】教育改革最前線 : 【鈴木寛】教育改革の必要性、すべての学校が変わるべき理由

イジメだめゼッタイ

学校を出た先でも、イジメはダメなことです。誰もがサイレントマジョリティーから脱却できる世の中の一員になりたいものです。

追記

文末に『大衆の反逆』のリンクを貼ったのは、安易なセカンドペンギン(付和雷同)にならないよう気をつけたいなってことも、思ったからです。発言や行動する前に、自分の頭でちゃんと考えることだいじにすとでありたいです。

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


フリースクール・ホームスクールランキング