胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

胃がんと、体重の推移

どうも、胃がん克服ママ いずみ です。

 

本日は、胃がんになる前後の体重の変化についてお話します。

 

2014年の夏、何も努力しなくても体重が減ってきて、その年の秋に胃がんが発覚したのですが、その時  68キロ でした。

 

ちなみに、私の身長は159センチで、体型は森三中の黒澤さんをイメージしていただければと思います。

 

人生のマックス体重は、76キロです。娘を妊娠中にピークを迎えました。

 

胃がんを宣告された後、「最後のラーメン」「最後のフルコース」などなど、最後のシリーズのせいで、1週間で2キロ肥えました。

 

手術の麻酔の量を測定するために体重を測ったら、「 70キロ に増えてるやーん」と主治医につっこまれました。

 

打ち合わせの時に「手術の後、だいたい体重の一割は減るので覚悟してください」と言われました。

 

不謹慎ですが、この件に関しては私にとって願ったりの話でした。

 

その後、手術と入院中の食事で退院の頃には 67キロ あたりをさまよっていました。

 

大変やったけれど考えようによれば、

 

胃のバイパス手術をしてもらったようなもの。私はこの先、どんなに食べても太らない魔法の胃を手に入れた。

 

なんてことを、考えておりました。そして、始まった抗がん剤治療

 

抗がん剤は、カロリーをかなり消費してくれるのです。

 

手術後から、抗がん剤治療の1年間は、体重が 65キロ でした。

 

抗がん剤が終わってから1年半後の現在 70キロ 近くまで迫ってきています。

 

胃がなくても、、、リバウンドするのです。

 

食べる量もスピードもすっかり元に戻りました。

 

私のようなタイプの人は、腸閉塞になりやすいようです。胃のかわりに、腸にかなり負担にかかっています。

 

現在も3ヶ月おきに検診を入れてるのですが、主治医は口を酸っぱくして言います。

 

腸閉塞なるさかい、ゆっくり食べなあかん

 

というわけで、胃がんになっても体重が減らない人が、まれにいるんだとお知りおきください。