胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

現代の日本社会における宗教の必要性

私は学生時代に宗教の知識を学び、現在はその学んだことを生徒に伝える仕事をしています。

先日、授業中に「宗教っているん?」って質問がありました。

基本的に幸せだったら、宗教はいらない

これは、私の答えです。生徒にも次のように説明しています。

まず、平成の日本社会は、国レベルで考えたら物質的に豊かです。

個人レベルで考えたら、物質的に豊かじゃない人もいます。

昔のお寺や教会など宗教的な施設には、金持ちからのお布施や寄付を、貧しい家庭に再分配する機能がありました。

現在の日本では、その辺りのことは福祉事務所などの公共機関が担っているので、別に宗教がなくても困らないかと思います。

医療も発達しているので、精神的な心の問題も治療やケアができるようになりました。病院に行かなくても、関連書籍、ネット、SNSを駆使して、自分にあった解決策を見つけることもできます。

人間の力で、たいがいのことは解決できるようになってん!!!

人間の力では、どうにもならないとき

そんなときは、人智を超えた存在(神様や仏様)に助けをこうのです。

私は胃がんになった時、お墓参りやお寺に行き、ご先祖様や仏様に助けてくださいとお願いしました。

家族が病気になった時も同じようにお願いしました。

義母が亡くなったときは、浄土宗なので阿弥陀様に極楽浄土へちゃんと連れてってくださるよう願いました。

娘を妊娠しているときは、安産祈願にわら天神へ行きました。生まれてからは、お宮参りや七五三をしています。

家族が健康に平和で暮らせますように

災害や事故に関しては、ほんまに自分ではどうにもできませんからね。

1日が何事もなく終わることは、実はとんでとなくありがたいことだったりします。

必要な時に焦らなくてもいいように

宗教の勉強はしておいた方がいいと、私は思います。

風邪をひいてボーっとした頭では、薬の説明書を読むことは大変です。健康な時にさらっと読んでおいたら、いざって時にささっと服用できます。

困ったときに、変なツボを買わされないように
幸せな状態の時に、勉強しとくねんでー

「奇跡の治療」は、人間の力を超えているから

私はそれを宗教みたいなもんだと、とらえます。

がんが治る水について

信じるか信じないかは、あなた次第です。

まとめ

昔に比べて今は、人間の力でまかなえることが増えています。近代以降の人間が中心主義に走りすぎた弊害(環境破壊や世界大戦)は浮き彫りになっています。

人間を超えた存在コントロールがきかなくなった世界は、幸せな時はとくに問題ありませんが、行き詰まってしまうと神さま達がいない分、絶望してしまいます。

そのへんは、うまく同時並行で使い分けて生きていければ理想的ですよね。

人間の世界と、人間を超越した世界を
パラレルワールドしたろー

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。

はじめての方は、こちら


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村