胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

うっかり者では、すまされない

私は、かなりの うっかり者 です。

人の想像を遙かに越えた失敗をやらかします。それでも、昔はうっかりキャラで何とかカバーできていました。

 

が、すでに35歳

失敗エピソードが、笑いのネタとして使えるのは、学生時代の友人や職場など、既存のコミュニティー。

子どもの幼稚園など新規のコミュニティーでは、「またやらかさはったなぁ」とイタい母親です。園からの手紙を読み込み、準備をしなければ、娘が困ります。

自分のミスが、子どもにかぶってくるのです。

 

子どもが通っている幼稚園には、どこにも明記されていない暗黙のルールも存在しています。それは、先輩ママから受け継がれるものだったり、親切な先生がコソコソっと伝えてくださいます。

プリントが分かりにくければ、ママ友ネットワークを駆使し、先輩ママとつながりのある人に情報をもらいます。

 

うっかり食べすぎる

そして、命に関わることも、うっかりではすまされません。

胃がんになって、家族や職場にさんざん迷惑と心配をかけました。それなのに、食欲に支配され、食べすぎてしまいます。

なにより、子どもが哀しむことにならないようにしなければ

分かっているのに、食べすぎる

お腹がいっぱいなのに、食べてしまう

食べたらあかんって思うから、余計執着してしまうのでしょうか?

この件については、同じ境遇の人がいないか、ネットでリサーチしてみます。

 

うっかりでは、流せない

食べすぎや幼稚園のこともそうですが、「うっかり」って言葉に私は甘えています。

自分の命や子どもに関わることだから、危機感と責任感をもってちゃんとしなければなりません。

 

ブログを書くことは、自分に叱咤激励することにもなりますね。

本日も読んでくださり、ありがとうございました。胃がん克服ママいずみでした。