胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

いざって時に備えて、心がけていること

再発した時に卑屈にならずに過ごすために、今していることをお伝えします。

 

その1 インプットとアウトプット

いろんな本や人の考え方に触れ(インプット)、自分の考えを授業やブログで発信(アウトプット)しています。

そうすることで、思考のトレーニングになっています。

来たる日に、独りよがりの考え方にならないように、日頃から備えています。

 

その2 かけがえのない日々を生きる

後悔や心残りがないように、1日、1日を大切に生きるようになりました。

調子に乗りすぎた日は反省し、繰り返さないように心がけてはいますが、食べ過ぎを繰り返し、夫や母によく怒られます。

来る日に後悔しないように、自分の身体を守っていかないとね。

 

 

明日は、いよいよ1年ぶりの胃カメラ検査です。胃カメラの痛みは、10分だけ我慢すれば終わります。

逃れることができる苦しみは、まだマシ

胃カメラの乗り越え方(マインド編) - 胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

いのちだいじニストの書 希望

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title]

[http://www..com/
胃がんランキングへ:title]

ドラキッズの宿題問題

イオンに併設されている幼児教室に、娘を年少から通わせています。

ドラキッズ|楽しく学べる小学館の幼児教室

子どもにいろんな体験をさせつつ、その間、親がおひとり様で買い物したりお茶するため という不純な動機から始めました。

 

年少の昨年度は、絵本を読んでもらったり、平均台とか体を動かす時間もあったり、勉強だけじゃなく、のほほんとした時間の流れがありました。

 

今年度から幼児教室の方針が変わり、がっつり勉強するぞって雰囲気になりました。プログラムやお店屋さんごっこなど体験的なこともさせてもらってはいますが、まだ年中やのに宿題が課されます。

 

宿題に追われたくない

宿題したか?宿題一緒にやろっか?

年度始めの頃は、本人に確認しつつも親が頑張ってやらせていました。

宿題をやらなかったら授業で遅れをとって、勉強に対して劣等感をもって欲しくなかったからです。

しかし、毎回、違和感はありました。

本人がやりたがらないのに、ほんまに、やらせなあかんのやろか、、、

まだ義務教育期間ではありません。遊びの邪魔をしてまで、興味がないことをさせるのどうなんやろ。

宿題するかー?

声はかけるけど、本人が気が向いたときだけさせるようになりました。すると、どんどんさぼるようになり、まったくしなくなりました。それは当然のことです。

 

教育方針は大事

私が選んだ幼児教室でしたが、たまたまタイミングが悪く教育の方針が1年で変わってしまいました。

その時に微妙やなぁと思ったのですが、本人が楽しいから続けたいというので、深く掘り下げずにそのまま通わせることにしました。

現在、来年度の継続をするかどうか検討しています。子どものやりたいって気持ちは大事にしてあげたいけれど、親としてほんまに続けさせていいのかと。

本当に我が子に必要があるのか?

不純な動機(親がお一人様タイムを満喫するという)ではじめてしまった幼児教室。

先日、教室側から「宿題ちゃんとさせてくれ」との通達が!?覚悟もない親が、手を出してはいけなかった領域だったと反省しています。宿題さえなければ楽しく通えるのですがね。こんなに悩むとは思いもよらなかったです。

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

 

いのちだいじニストの書 希望

 

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title]

 

[http://www..com/
胃がんランキングへ:title]

 

松山千春の歌から学べること

大空と大地の中で

生きることがつらいとか

苦しいだとか 言うまえに

野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

 私は、今、このフレーズがたまらなく好きです。

なぜなら、野生の動植物は、その生を(文句も言わず)まっとうするからです

 

日陰の花は、日なたの花を恨むこともなく、ただ、ただ、そこで咲いています。

 

私も、野に育つ花のように生きれたらいいなって、思うようになりました。

 

最期を自然に迎えたい

延命についても同じ考えで、なるべく自然に近い方法を望んでいます。

できれば、すうーっと息をひきとりたい

誰もがこのような最期を望んでいますが、現代医療の中では引き延ばされそうですね。

そしてもう無理だとなったときに、自分や家族が選択をせまられます。

 

そんな時、何を基準に決断しますか?

私は、自然か否かで決めます

そう野に育つ花の立場で、考えてみようと思います。

 

死にたいなって思う人にも

野に育つ花の立場で、一緒に考えよう

と、提案したいですね。 

自然じゃない世界にいるから、しんどいのかもしれません。

 

ゆっくり野道を歩きながら

空の青さに吸いこまれましょうか

自然はいつでも私たちを受け入れてくれる

大きな大きな存在です

 

私たちはそこから生まれ

そこに優しく包まれていると言うのに

ついつい忘れてしまいます

 

私たち人間も自然の一部だから

野に育つ花のように 力の限り生きれます

 

大空と大地の中で

大空と大地の中で

 

 以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

 

いのちだいじニストの書 希望

 

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title]

 

[http://www..com/
胃がんランキングへ:title]

3年検診と不安について

今月は、3週連続で通院します。

  • 今週は、CT
  • 来週は、胃カメラ
  • 再来週、検査結果と次回の予約

 

3年前の今頃は、胃がん宣告、入院、手術とバタバタでした。

 

あれから3年、されど3年

3年たっても検査の結果にビクビクしています。というのも、食べ過ぎが続き、朝晩の寒さのせいで、毎朝お腹を壊しております。

 

今月前半は、東京旅行、娘の誕生日のお祝い、職場の祝賀会と豪華なご飯が続き、食欲のスイッチが入りっぱなしです。

食べ過ぎる→胃があれる→脳がそれを空腹と勘違いする→食べ過ぎる

と、負のスパイラルにどっぷりはまってます。

来週の胃カメラで、ぷち断食するので少しは暴飲暴食が治まるといいのですが。その意味でも、検査は大事ですね。

 

体調が悪いときは、考え方も悪くなる

 体と心はつながっています。先日のCT検査の後から、だるさが抜けきらず、はじめは造影剤の影響かと思いましたが、せきも出て、声がガラガラなので、風邪をひいたようです。

そのせいで、思考もネガティブになってしまいます。

もし、再発していたら、、、
娘といれなくなるのは嫌だ

 そんなことばかり考えてしまいます。

何気ない日常に胸がつまり、この瞬間がずっと続きますようにって願ってしまいます。

このブログでつづった楽しい日々が、私の宝物になるのか、などなど。

 

こんなこと考えたらあかーん

って、つっこみも入れる自分もおります。

とりあえず、はやく風邪を治そうと思います。

 

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

いのちだいじニストの書 希望

 

[http://www..com/
胃がんランキングへ:title]

 

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title]

人生に、つながる喜びを

私は歌が上手ではありませんが、歌うことが大好きで、学生時代は合唱部に所属してました。

 

60人で歌っちゃいました

先日、大学時代の合唱部の歴代のOBと現役生で集まった飲み会(会場は貸切)がありました。

 

せっかく(元)合唱人が集まるのだから、みんなで歌おうと、事前に飲み会のグループラインで呼びかけましたが、反応がいまいちだったので、

やばい、でしゃばってもうた、、、

わりと図太い私でも、さすがに心配になりましたよ。友人も裏で手をつくしてくれ、この機会は二度とないかもやし、とにかく合唱魂を信じて、当日強行突破しちゃいました。すると、仕込んでた1曲では終わらず、追加で2曲歌う展開に。

みんなが楽しそうに歌う姿をみて、でしゃばってよかったと心から思いました

 歌っている間は、アルコールの力もありまして、血が騒ぎっぱなしです。ステージで歌っているときのようなビリビリがきました。

 

一体感を感じるもの

とっても好きなことを大人数で、夢中に楽しんでいる時って、周りと自分の境界線がぶっ飛んで、一体感を感じます。たとえば

  • 合唱や吹奏楽
  • お祭りのときのお神輿
  • クラブで踊る(行ったことないけど、イメージ)
  • スポーツ、試合観戦
  • コンサート、ライブ、舞台

 

教育の現場では、このような一体感を学校行事で体験する機会を設けています。

強制したり、やり方が悪いと、生徒はしらけてしまいます。大人でもそうですよね。町内の運動会で感動したことはないし、そんな話は聞いたこともありません。

 

つながる喜びを伝えたい

私は、人という存在は魂のレベルで、つながりを求めていると考えています。

失敗したときに、ものすごくダメージを感じてしまうのは、その反動やと思うのです。

 

ディズニーリゾートが楽しいのは、ゲストもキャストも一体になって、ディズニーの世界観を共有している要素が強いからです。あの場は、その世界観を受け入れている人たちだけで構成されているので、簡単につながれます。ほんまに嫌な人が、ディズニーランドに来ることは滅多にありませんしね。

 

現実の世界は、いろんな価値観の人で溢れかえっています。その中で、ディズニーなり、合唱なり、卓球なり、何でもいいのですが、自分の好きなことを、他者と一緒に楽しめることは幸せやと感じます。

そして、その喜びを我が子や生徒に(うざがられない程度で)伝えられたらなと思うのです。

人生は、楽しんでなんぼでしょ

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

いのちだいじニストの書 希望

 

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title]

 

[http://www..com/
胃がんランキングへ:title]

 

 

冬に、CT検査に着ていくベストな服とは

CT検査の流れ

  • 採血、造影剤を投入するための管入れ
  • CT検査(着脱込みで約10分)
  • 造影剤を体内から流すため、水分摂取
  • 管抜き(止血のため3分待機)
  • 会計(約16000円)
 それぞれで、待ち時間を要します。

朝一の時間帯に予約を入れると、待ち時間も短くてすむのでスムーズに回れます。

 

CT検査の服装(冬バージョン)

  •  黒っぽい半袖
  • 前開きのパーカー
  • ゴムのズボン

何着て行こうかなとネットで検索したら、自分のブログが出てきました。

 

冬の検査で、ベストな服装

他の患者さんがベストを着用されていて、楽ちんそうでした。

パーカーだと、造影剤の管が邪魔になるので、袖が通せません。親分ルックになります。なので、半袖の上は、ノーブラ隠すためには、ベストがベストかと。

 

1年後の自分に向けて、検査の服装(冬バージョン)を書いておきました。

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

いのちだいじニストの書 希望

[http://www..com/
胃がんランキングへ:title]

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title]

 

何でもかんでも取り入れすぎるのは、どうかと思う話

教員という職種は、「みんなでがんばろう」を良しとする文化があります。

学習指導要領の改訂のたびに、新たな取り組みが増やされます。

今度の目玉は、次の三つです。

  • 道徳
  • 英語
  • プログラミング

時代が変化するのだから、教育もそれに合わせていかなければなりません。

 

現状は、あれもこれもと取り入れまくっています。管理職は「教員みんなでがんばるしかない。生徒のためだから」とお決まりの印籠をかざしてきます。

それ言われちゃうと、教員は思考停止して頑張っちゃうんもんねー

生徒と頑張ることが、大好きなんでね

 

新しい取り組みをするときこそ、現状の無駄を見直しをするチャンス!

  •  ブラック部活
  • 人権を無視した校則(地毛やのに黒髪に染め直しさせるなど)
  • PTAやクラス委員(やりたい人だけでやればいい)

昭和は30年前に終わりましたよー!しぶとく残っていますね。

 

ビルド&ビルドはあかん

職場の会議で「ビルド&ビルドの教育現場は崩壊する」と発言された先生がいました。もう何年も前の話ですが、私は、その言葉がずっと胸に残っています。

 

本来の言葉は、スクラップ&ビルドです。

スクラップアンドビルドとは - コトバンクより以下引用

1 老朽化したり陳腐化したりして物理的または機能的に古くなった設備を廃棄し、高能率の新鋭設備に置き換えること。
2 行政機構における膨張抑制の方法の一。組織の新設にあたっては、同等の組織の廃止を条件とすること。

教育現場に必要なことは、スクラップする勇気です。

ほんまにその制度、今の時代に合ってる?
自分たちの首を自分たちでしめてるだけとちゃうの?

現状を冷静に見直していかないとですね。

 

いかにシンプルにするか

私が新任の時にお世話になった先生は、ことあるごとに「シンプルにせなあかん」と言われました。その時は、生徒の成績や出席状況など、膨大なデータを管理する部署でした。

複雑にすればミスが増えるってことを徹底して教えてもらいました。

 

この2人の尊敬する先生たちから受け継いだマインドでもって、昨日、上司に自分の考えを伝えました。(ちなみに、私は管理職でもないし、役職もついていません。かなり生意気な一教員です)

 

が、、、

新しい取り組みに対して、仕事が増える文句として、受け止めらたっぽいかなと。

それは、普段の私の発言や行いが残念なので、仕方がない結果です。それでも、とりあえず一意見として聞いてくれる上司は、いい人だと思います。

 

このことは、がん治療に関しても言えることだと思います。

がんにいいからと知っていること全部試したくなりましたが、お金と労力の限界があります。

治療の方針(ゴール)を定め、取捨選択していかないと、キリがないですよ

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

いのちだいじニストの書 希望

 

[http://www..com/
胃がんランキングへ:title]

 

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title]