胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

お母さんの言うとおり

胃がん手術後の3日間は辛かった

 私は、まいっておりました。

術後の痛みに加え、腕には点滴、お腹には腹水をみるための容器、背中には痛み止めの装置と、体には管がささっていて身動きが制限されていました。さらに間の悪いタイミングで生理にもなりました。点滴をしているからお腹は減らないものの、飲んだり食べたりできないのも嫌でしたね。手術でがんが進行していたことも判明し、転移の可能性もありうるかも、、、そんな話も聞かされました。

 

母の言葉に救われる

母は、帝王切開で私を産みました。お腹をパカーっと開けています。それに比べ、私は、腹腔鏡といってお腹に数カ所穴を開けての手術でした。

ヘタレっぷり全開の私に、母は言いました。

「理屈で言うと、帝王切開の方が傷が大きいさかい、もっと痛いはずや」

確かに、そうかもしれない。

帝王切開をした友人たちの顔も、目に浮かびました。

私だけじゃない
この痛みを乗り越えて、今はケロッと暮らしている

そして、母は自分の体験から

「痛み辛みは、3日までやな」

とも、言い切りました。

 

痛み辛みは、3日まで

同じようなことを書かれているブログも見かけましたし、あと2日、あと1日と、3日間をカウントダウンしながら耐えました。

何度も心の中で、この言葉をつぶやき続けました。

そしたら、ほんまに4日目からだんだん楽になりました。

 

入院中、毎日お見舞いにきてくれました。

「ほらな、お母さんの言ったとおりやろ」

回復していく私を見て、母は、嬉しそうで、どや顔でした。

 

今、これを読まれている手術直後の方

これがずっと続くわけじゃありませんからね。3日間だけ、なんとか辛抱してください。少しずつ、体が変化していきます。少しずつ、食べられるようになりますから。焦らないでくださいね。

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ

にほんブログ村:title]<a href="//blog.with2.net/link/?1917177:2392" title="胃がんランキングへ"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2392_1.gif" width="110" height="31"></a><br/><a href="//blog.with2.net/link/?1917177:2392" title="胃がんランキングへ">胃がんランキングへ</a>

 

心は世界を映す鏡

あなたが見ている世界は、あなたのです。

 

なんか最近うまくいかないことが多いなぁってときは、あなたの心にサングラスがかかっている可能性を考えてください。

 

たとえば、トンネルに入ると隣の人の顔色が悪く見えるけれど、トンネルを抜けたら顔色は良くなります。隣の人の健康状態はなんにも変わってはいないのにね。

 

つまり、心の外側によって、世界の受け取り方は左右されるのじゃないかとね。

 

良いときは、くもりがひとつもないピカピカのメガネ

 

悪いときは、真っ黒なサングラス

 

そう、心自体は、世界を映し出すただの鏡

素直に見えたり歪んで見えたりするのは、外側のメガネのせい。

 

メガネなら交換できますよ!

本を読んだり、テレビやネットから学べることがあります。また、友人などの周りの方に相談し、自分とは違う視点からアドバイスをもらうこともできます。

 

なんのために勉強するのか?

私は心のメガネを交換するために、人は学び続けることが必要だと考えています。

勉強とは、教科書を暗記することではなくなりました。この先、暗記はAI(人工知能)でまかなえるようになるでしょう。

私たちは、人類の英知(人類が発見した様々な仕組み)を理解し、その作業を繰り返すことで、思考力がどんどん身につくようになります。

すると、自分の価値観さえも疑えるようになります。

自分の心のメガネの状態は、今いったい、どんなんだろうか?とね

 

こちらのツイートを読んで、ドキッとされた方は、心にサングラスがかかっていることに気づかれたのではないでしょうか。

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title][http://www..com/

胃がんランキングへ:title]

 

世界はひとつだが、見え方は無数ある

世界はひとつだが

捉え方はひとりひとり違う

 たとえば私が見ている赤は

みんなが見ている色と

ほんまに同じ色なのだろうか

 周りとの違いに気づくことで

自分が浮き彫りになる

 自分が洗脳されていることは

染まっている間は分からない

 金子みすずは言った

「みんな違って、みんないい」

同じでいることは

楽なようでしんどいし

違っていることは

しんどいようで楽だったりする

みんなでみんなを認めあえれたらいいのにね

 

 

 こちらの本を読んで感じたことでした。

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ

にほんブログ村:title][http://www..com/

胃がんランキングへ:title]

 

 

臨床仏教師の勉強をはじめました

関西で臨床仏教師の養成講座が開講されるとのことで、参加してきました。

 

1回目の講座は、消化不良

3人の講師が、小刻みで自分の専門分野のことを講演するというスタイルでした。

予想通りですが、どの方も話が時間内に収まらず、詳しくは別日の講義で話しますってオチでした。

期待しすぎてたのもありますが、私は消化不良でした

講師の数をしぼってもらって、じっくりお話を聞きたかったです。

パネルディスカッションも、質問なんだが、身の上話なんだか、よく分からない展開でさっぱり。

講師の1人カールベッカー氏が、質問者の話にすんごい勢いでうなずいて聴いてられたのですが、その回答時に

「坊主の話は長いねん」っと、ばっさり

思わず笑ってしまいましたが、、、

隣の席の方がお坊さんやって、気まずい空気が流れました。

 

そもそも臨床仏教師っていったい何なの?

臨床仏教師とは、人生の生老病死にまつわる現代社会の苦悩と向き合い、専門的な知識や実践経験をもとに行動する仏教者のことです。

臨床仏教公開講座 開講式・記念シンポジウム開催 | 花園大学 ZEN to you & youより引用

 

自分の言葉で臨床仏教師ってどういうものなのかをうまく説明できないのですが、、、

生きること、老いること、病気、死、大切な存在を亡くす、人間関係、理想通りにいかないとき、心が落ち着かない

このような様々な苦しみを抱える人に
寄り添い、仏教の考え方を伝える人

私は臨床仏教師とは上記のような存在だと考えています。この先、学んでいく過程で変わっていくかもしれませんが。

 

臨床仏教師を目指す理由

私はスキルス胃がんにはなりましたが、幸い転移が起こる前に手術で悪いところを取り除くことができました。

ただ胃の外側の皮までがんが進行していました。病理検査の結果にも、ギリギリセーフとコメントが書かれていました。

そのことを知ったときに、自分の命は、ギリギリのラインで生かされたんだなと感謝の気持ちになりました。

この助かった命で、いのちの大切さを次の世代に伝えることを決めました。

私自身、胃がんやその後の抗がん剤で辛いとき、学生時代に学んだ仏教や哲学の考え方にだいぶ救われました。

私はたまたま健康な時に学び知っていたので、取り乱しそうになった時は、仏教の教えや哲学の考え方で気持ちをきりかえていました。

自分と同じ悩みや苦しんでいる方に、知識を伝えていけたらいいなと思い、このプログラムに参加することを決めました。

私が他者を救おうなんて、それこそおごりやと思うし、厚かましい話です。

私と出会い、同じ時間を過ごすことで、少しでも、その方の苦しみが緩和できたらいいなって考えています。

このブログを発信しているのも同じ気持ちです。読んでもらった方に、ほっこりしてもらえたら幸いに思って書き続けています。

 

お坊さんじゃないけれどね。

これからも、この講座で学んだことを伝えていきます。

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ

にほんブログ村:title][http://www..com/

胃がんランキングへ:title]

 

 

 

 

 

 

言葉のアルバムが出来ました

セルフマガジンが、本日手元に届きました。

中身はこのブログで書いたことをまとめたものなので、ぶっちゃけブログの宣伝となっています。

今これを読まれてる方には、「すでに読んでるしなぁ」ってなられるかもしれませんが、ぜひ紙で出来た冊子の良さを知ってもらいたいので、もらってください。

 

デジタルもいいけれど、それを形に残しませんか?

セルフマガジン作りは、ほんとうに楽しいです。普段からブログを書いている人なら、それをまとめるだけなので簡単です。私のセルフマガジンは、商売用のレベルの高いものではありませんが、ひとりで完成させました。

 

言葉のアルバム

写真のアルバムなら生まれたときからのがありますが、自分が書いた文章は残していられない方が多いのではありませんか?

私も、ほとんど残っていません。さすがに、卒論や修論は捨てれませんでした。

これらも冊子にしているから、手元に残すことができているんだと思います。つまり、

セルフマガジンは、言葉のアルバムにぴった!

誰かに配らなくていいなら、ワンコインでできます。自分だけの文集に、挿し絵として、写真も入れられます。

どうですか?

ちょっと自分で作りたくなってきましたか?

 

セルフマガジンってどんなものなのか、手にとってください

セルフマガジン作りには、他の人のセルフマガジンがなによりの参考書になります。

内容も面白いものが多いです。

そんなセルフマガジンを、いっぺんにもらえるイベントが、

2017年10月28日(土)大阪

であります。

こちらのイベントにて、私も30冊セルフマガジンを設置させてもらいます。
f:id:inochidaiji:20171014213756j:image

限定30冊なので早いもの勝ちでっせー

とか言いつつ、私のだけ丸々残ってたら、やだなぁ。怖いなぁ。そうならないために、ぜひとも私、胃がん克服ママのためにセルフマガジンをもらいに来ておくれやす。

私は本業があるため、その日は終了間際にひょっこり顔を出す予定でおります。もし大量に余っていたら、こっそり回収ですな。

 

ちなみに、このイベントは一体なんなのか?

簡単に言うと、大人の文化祭です。

音楽やトークライブがあったり、お気に入りの物や手作りの品を販売したり、占いや卓球などなど、それぞれが好きなことを披露するお祭りで、私が所属しているブログ塾が主催しています。

(注意)たこ焼きなどの模擬店はありません!

子連れOKです。

塾に勧誘されることも、押し売りされることもありませんので、お気軽にのぞきに来てください。

詳しくは、こちらです。

かさこ塾フェスタ大阪2017 10月28日開催 – 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ

 

 以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村:title][http://www..com/

胃がんランキングへ:title]

没頭してたときの過去は、現在とすぐつながる

本家とミニ

 私が子ども時代使っていたもの(故障中)を出して、ミニと並べて撮影してみました。こんなにコンパクトになったのに、中にソフトがいっぱいつまってるなんて、びっくりですね。科学技術の進歩を感じました。


f:id:inochidaiji:20171012230336j:image

 

 

初日にやったゲーム

共通して言えることは、人生においてすっかり忘れていたゲーム内の細かな設定や裏技の記憶がいっぱい蘇えることですね。

たとえば、マリオカートのお化けが出てくるコースで、羽のアイテムを使って近道ができるのですが、そんな内容すっかり忘れてたんですが、ゲームをしたから思い出すことができました。

この感覚は、ほんまにびっくりしました。

スト2のキャラの名前も経歴も、顔を見たら出てきますし、技の出し方は忘れてるはずなのに、指が動くんです。

ゴエモンのペンキ塗りは、めちゃくちゃ下手くそになりましたが。

 

何にかに没頭できれば

嫌なこと、心配なこと、苦しいことから、解放されます。理想は、野に咲く花 のようにがいいですね。ただ、ただ、そこに存在できるくらい、そんな風に何かに没頭できたら、私たちは悩まなくてすみますね。

元気な内に、自分がこれやったら没頭するってもんを作っておこう

病気になったときは気が紛れるやろうし、年老いたときは昔を懐かしむことができます。

だから、私はしばらく子どもの頃に夢中になったゲームとの再会を楽しみますよ。

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ

にほんブログ村:title][http://www..com/

胃がんランキングへ:title]

我が子の不安を消し去りたい

あなたが5歳の幼稚園児の頃、もし魔法が使えるなら何を望みましたか?

私は、当時キキララちゃんが大好きだったので、キキララちゃんと一緒に雲のお家で遊ぶことを望んだとおもいます。

あと、ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家にも行ってみたかったですね。

 

うちの子は、みんなとずっと一緒にいられることを望みました。

天使や!ここに天使がおるわ!

と、娘の言葉に私は感動しました。そして、その時のことをブログにも書きました。

 

ブログを書きながら感じた違和感

このような言葉を、子どもに言わせてしまったことを反省しました。

なぜかというと、ずっと一緒にいたいって願いは、ずっと一緒にいられないかもしれない不安があるから、願うんちゃうかと。

我が子に、そのような不安を与え続けていたかと思うと、ほんま、いたたまれなくて、、、。

 

胃がんになったこ
検査で病院に行くこと
食べ過ぎてダンピングで苦しんでいる姿

私は包み隠さず、我が子に見せたり話したりしています。

 

きわめつけは、

今日も無事に一緒に過ごせてよかった、よかった

と、子どもと幸せをかみしめて眠りについています。

 

天使やと素直に喜びたいけれど、ひっかかっている自分がいました。

あの日のブログでは、この部分をうまく書けなくて、書いては消すことを繰り返し、結局、違和感を流しました。

 

子どもに不安を与えないために

どうすればいいのか?

夜の幸せかみしめタイムは、不安をあおってるので自粛しています。

生まれてきてくれてありがとう

ってことを、シンプルに伝えてはいます。

 

一瞬、一瞬の、かけがえのない時間を大事に丁寧に子どもと過ごしていけば、彼女の不安は消えると願っています。

ママはもう大丈夫だから
私から、こう考えないと!

子どもに、私は、生かされています。

 

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ

にほんブログ村:title][http://www..com/

胃がんランキングへ:title]