通信制高校で働く胃がん克服ママは、いのちだいじニスト

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

つまらない世の中の作り方

完全に出遅れる

イオンのアンパンマンのショーに行ってきました。ショーが始まる40分前には到着していましたが、座って鑑賞できるエリアは、ほぼほぼ荷物や敷物で埋まっておりました。

テーマパークか?!

仕方がないので、子どもだけ、空いてるスペースに座らせて、私と夫は通路から変なジェスチャーで娘とコンタクトをとりあってました。年長なので、1人でも待つことは平気です。念のため、防犯上親が近くにいるってことを周囲にアピールもかねてやりとりしています。

ショー開始30分前

司会のお姉さんがステージに上がって、諸注意をされてました。「この時点で、戻ってきてない方の場所取り用の荷物は撤去します」と繰り返しアナウンスされていました。ルールを連呼され続けると、テンションがなえてきます。

たくさんの人が気持ちよく鑑賞するためにはルールは必要です。しかし、後からクレームがこないように対策のためのルールが細々と追加されてるように感じます。

娘が小さかった頃は、こんなにやいやい言われなかったぞって違和感を感じました。無人の場所取りも、急なトイレとか、ハプニングがあってやむ終えずってケースでした。

モラルの低下→ルールの徹底

たかたがアンパンマンのショーの場所取りに関してですが、つまらない世の中になってきたなって、私は思ってしまいました。

個人のモラルが高ければ、ルールは最低限だけですむはずです。

世の中をつまらなくするのも、面白くするのも、一人ひとりの心がけではないでしょうか。

自分の家族がちょっとでも得したり、楽できたらいいの集まりが、つまらない世の中のはじまりなのかもしれませんね。


そんじゃーね

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村