通信制高校で働く胃がん克服ママは、いのちだいじニスト

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

星に願いを

どうも胃がん克服ママいずみです。私は高校で先生をしています。ときどき、生徒の前で仏教の考え方についてのお話しもします。

仏教というものは、2500年ほど前インドお釈迦さんが、明け方のピカピカひかる金星を見て、ひらめいた考え方のことです。

こちらのツイートは2018年12月@京都の明けの明星です。(私は、この写真をみて、この記事のネタをひらめきました)


お釈迦さんが、ひらめいたこと

お釈迦さんは、夜が明けようとするときに東の空に輝く金星をみて、ふと

あの金星は、自分の心の中で認識しているから見えるんや

ってことに気づかれました。

星だけじゃない

鳥、花、村で暮らす人たち、地面、空も、、、

この世界にあるすべてのもんは、自分の心で映し出している!

自分以外のものは、自分というフィルターを通して、見えたり、聞こえたり、嗅いだり、味わえたり、感じたりすることを、お釈迦さんはひらめきました。

そして、【苦しみ】や【楽しい】といった感情も、同じように【自分を通して】存在している

苦楽は関係の中で発生する

たとえば、私たちは無意識で呼吸を普段しています。

息を吸ったり、はいたりできるって、気持ちいいー!!!

なんて、いちいち感じたりはしていません。

CT検査のとき、「息を止めてください」って機械が指示してきます。そう言われてると、私は呼吸のことをすごく意識してしまいます。

短時間なので苦しくはなりませんが、撮影が終わり機械に「楽にしてください」って言われて、息をするとほわぁとします。

この記事を書いたり読んだりしているこの瞬間は、呼吸に関して意識がむきますよね。

普通に息できるって、実はすげー

ってことを感じませんか?(私は感じました)

呼吸をするも快楽なり

という言葉を残している人もいるくらいです。仏教学者 鈴木大拙

呼吸に関しての快楽を得るために、一度息を止めて苦しみを味合うってのは、微妙な話ですよね。

一番いいのは、

呼吸に意識を向けていないニュートラルな日常の状態

だと思います。

虎舞竜のロードでおなじみの このフレーズはなかなか確信を得てるのではないでしょうか。

何でもないようなことが
幸せだったと思う

苦しみでもなく、快楽でもない
何も意識しない状態こそが、ベスト!

お釈迦さんのひらめきは、苦しみが発生してしまう関係の方を、シャットアウトしちゃおっかってことでした。

まとめ

以上のことを私は理屈として頭では分かっているものの、苦しみの最中には、どっぷりおちいっています。

自分はまだまだやなぁって思いつつ、

お釈迦さんが見た星と、私は同じ星を見てる

わけだから、ゆっくり冷静に考えることで、乗り越えていけるような気もしています。

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村