胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

胃がん後の子作りについて

※あくまでも私の場合です

胃がん寛解する(丸5年たつ)までは、再発の恐れが高いため、子作りはしないほうがいいと主治医から言われました。

また、手術から5年間は半年に1度CTを受けて再発していないか確認しています。

妊娠中や授乳中は造影剤がNGになるので検査ができなくなり、発見が遅れるって可能性もあります。

というわけで、我が家は

胃がん寛解する2019年秋までは、子作りをしない

と、決めました。

私の出産適齢期は30代から

私は33歳の時に胃がんになりました。このまま何事もなく寛解になったら、その時は38歳です。そこから妊娠、出産、子育てとなると、けっこう頑張らなきゃなりません。

そもそも20代の頃、周りが就職していたのに、私は大学に残り好きなことをしていて、ちゃんと働いていませんでした。

26歳で就職し27歳で結婚しましたが、子どもを産んで育てるための経済的な基盤ができていませんでした。育休制度のある今の職場に転職し、

30代になってからようやく、子どもをもてる目処がつきました

そして、31歳のときに娘が生まれました。

そろそろ2人目欲しいなぁって時に、胃がんになり、今にいたるというわけです。

お盆の集まりにて

ブログでは胃がんのことをおおっぴらにしておりますが、ほぼ親戚関係には言っておりません。

(一緒に旅行に行ったりバーベキューをしたりするところには、手術後に話しました)

1人っ子は寂しいやろ
第2子の予定は、どうなん?

来年娘が小学校になるって話題からの流れで、今年はテッパンネタでした。

事情を話していないので、少し間をあけて、当たり障りなく「なかなかねー」みたいな感じで答えておくと、それ以上は突っ込まれませんでした。

ポイントは、少し間をあけること!!!

本当は病気のことを話せたらよかったかもしれないなぁと、いまブログを書きながら思いました。

私だけじゃなく、それぞれが何かしらの事情をもってるけど素知らぬ顔でサラッと生きていると思うんです。

誰かがきっかけで話すと「 実は私も〜」って展開になると思います。

今はそれがネットで行われていますが、親戚の集まりでも同じようにできたらなって感じました。

話しあいや聴きあいで、より強くつながれる


第2子妊娠にむけて

来年の秋には、38歳になります。さくっと妊娠するためには、そろそろ本腰を入れていかなきゃなぁと、あと1年ちょっとしかありません。

妊活関係の本を読み漁り、妊娠しやすい身体を作っていかなきゃ!

そのためには健康に良いもの食べて、体重も落としておいた方がよさそうです。そしたら再発予防にもなるし、一石二鳥ですね。


以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。