胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

宿泊先のホテルが火事になりました

宿泊先のホテルが火事になる

という体験をしました。


「めっちゃケムリ出てるやん
逃げる方が燃えてるけど大丈夫なんやろか」
って思いながら撮影←早よ逃げなはれって、後々思います


ロービーもケムリがたちこめてました


1枚目の写真の反対側
避難場所から撮影


消防車到着

これぐらいだったら、すぐ消してもらえると思ってました。
それが、こんなことに↓なるとは、、、

出来事メモ

  • リニューアルオープン直後のためホテルは満室
  • 1度目の非常ベルは鳴っただけで誤作動だと思った
  • 2度目の非常ベルが鳴ったあと、館内放送が流れ避難の指示が出る
  • 岩盤浴中だったので、一度部屋に戻り貴重品とお菓子を持って玄関へ避難した
  • 火はすぐ消えると思っていたので、混乱はなかった
  • 点呼をとる(ちょっと遅い気がしました)
  • 飲み物とバスタオルや椅子が配られる
  • トイレの誘導はじまる
  • 他の宿泊先を手配される
  • タクシーで移動、コンビニで夜ご飯を購入
  • ホテル到着、夜ご飯、ネットで情報を集める
  • 翌朝、タクシーで現地に行き車だけ回収する
  • ロビーで、個別ヒアリング
  • 夜ご飯、メイク道具を購入したレシートと現金交換
  • 残してきた荷物は配送してもらうことに
  • ホテルの作務衣で、那智の滝を観光
  • 隣町のシマムラで服を着替えて帰宅
  • ホテルから確認の電話が入り、荷物の無事を伝えられる

学んだこと

火事になったホテルも、移動先のホテルも、客室までの誘導がないのにもかかわらず、フロントでは非常口、避難経路の説明がありませんでした。地図を見たら分かることなので、

その1 説明がなかったら、自分で確認しとく!

消化活動中、夜ご飯を食べていなくて空腹でした。カシューナッツをポリポリ食べて、ダンピングにならないようには気をつけていました。「早く食べるものが支給されないかなぁ」とひたすら待っていました。よくよく考えれば、ネットで近くのコンビニを検索して、自分で買い出しに行けばよかったわけです。

その2 非常時は、客も従業員も関係ない!

反省したこと

帰宅してから、私は自分の家族のことしか考えていなかったことに気づきました。

ホテルの方が動き回ってはるのに、私は何にも手伝いませんでした。

職業柄「避難したら、まずは点呼やろー」ってモヤモヤしてたんです。
自主的にホテル側に、部屋番号と名前を言いに行けば、点呼を取るように気づいてもらえたんちゃうかと。

翌日、シマムラでばったり買い出し中のホテルの方に会いました。私は車の鍵を持ってたので、動くことができました。那智の滝を観光してんと、


買い出しのお手伝いとか出来たんちゃうかなぁと、、、。

ホテルの方は、

火事になる前から勤務されています
ヒアリングの時に、徹夜で対応してると伺いました

「こんなことになってしまって申し訳ない」と、ひたすら謝られてました。

あんなに親切にしてもらったのに
目の前の人が疲れた顔をしてはるのに
私は何にもしてません
何のために今まで勉強し
発信してきたんやろ?
利己主義がモロに出てました

あっては欲しくありませんが、次にこういう事態になったら

まず

自分が出来ることは自分でする!

余力があれば

目の前で困っている人に、手を差し伸べる!

自分の心に恥じない生き方をしたいです。


以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村