胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

大雨を降らした雲の上でも、星は輝く

今週のお題「星に願いを」

我が家の状況

私の住む地域は浸水せず無事でした。5年前に洪水を経験しているので、覚悟はしていました。

我が家は避難所には行かず自宅に残る決断をしました。車両保険に入っていない車だけ、ご近所の家に避難させてもらいました。

客観的な判断には、情報が必要

  • 過去の水害の有無
  • 住む地域の地形(高低差、昔からある家やお寺をチェック。石垣の上に作られていたら、そこまで水がくる可能性大)
  • 自宅の状態(平屋か何階建てか、木造か鉄筋か 古いか新しいか など)
  • 水、食料の備蓄

これらの情報から、我が家は自宅に残ることを決めました。

「きっと大丈夫や」など、運任せ、根拠のない判断はあきません!!!

いざって時に作戦(=いのちだいじに)通りに行動するためには、普段からシミュレーションしておくことです。


それでも、災害はおこります

自然の脅威は、私たちの想像をはるかに超えます。人間は自然に対しては本当に無力な存在です。

だからこそ、知恵を出し合って、経験を共有し、次に備えていくしかありません。

我が家の七夕

大雨の騒動で笹の準備を、すっかり忘れていました。とりあえず、観葉植物に短冊や飾り(←こっちは準備していました)をつるしたら、

笹じゃないから、願いが叶わへんやん!

と、泣き叫んでいる人が1名いて、家の中で、嵐が巻き起こる事態になりました。

困ったなぁと思いながら、娘が書いた短冊を見たら、、、

大泣きするほどの願いなのか?

私の頭には、疑問がよぎりました。


(私も含めてですが)自分の努力次第で何とかなるレベルでした。
このお願いやったら、観葉植物でも叶うから大丈夫

幼児にとったら、笹に願いを込めた短冊を飾りたかったのでしょうね。

笹がなくても
短冊がなくても
晴れていなくても
七夕じゃなくても
星は輝いています

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村