胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

地獄について考える

芥川龍之介が書いた小説『羅生門』には、死体の髪の毛を抜いてカツラにし生計を立てている老婆がいます。彼女は自分の行いは悪であると認めています。しかし、それをしないと生きれないから、仕方がないと正当化しています。

彼女は死んだ後、地獄に落ちるのか?

そんなことを考え、私なりの答えを見つけました。それは、、、


死ぬ瞬間にどう思っているか

老婆自身が死ぬ直前に、自分の人生を振り返って、「私は生きるためとはいえ、悪いことをたくさんしてしまった。だから地獄に落ちる」って覚悟をしたら、地獄行きになると、私は思うのです。

「生きている間に悪いことをしても、そんな自分を受け入れてくれる大きな存在(神様、仏様、阿弥陀様、お母さんなど、亡くなった自分の大切な人)のところに行ける」って本人に信仰があり、心から安心していたら、地獄には落ちないように思うのです。

信じれば救われる

って言葉がありますが、あながち間違いではないかもしれませんね。

死後のことは、人間がどうのこうの出来る範囲ではないと私は考えています。生まれる前がどうだったかは、誰も実際のところは分からないように。

思いこみだいじにすと

しかし、生きている間に、死んだ後のこと、もしくは前世も、人間は思い込むことができます。

しかし、死ぬ直前にこんなことを落ち着いて考えられるのか?

私は胃がん手術で入院中に、不安で不安で寝れない夜がありました。いざって時にグダグダになった体験をしているので、死ぬ直前も、

  • 怖い、死にたくない

で、いっぱいになるやろうなぁと自分で思うのです。

不安と恐怖の心では、死にたくない

だから、生きている間に、こうやって、じっくりじっくり考えて、ブログで発信しています。

その瞬間がきたときに、心の中は安心した状態で、願っていたいです。

おじいちゃん、おばあちゃん、夫のおかあさんのところに行けますように

羅生門の老婆

架空の人物ですが、彼女の最期の瞬間が安らかな心でいってほしいですね。
平成の羅生門は、黒洞洞たらない夜になりました。彼女の真っ黒な心もライトアップされるといいな。

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございました。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村