胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

2次会の虎(ビンゴの景品販売サイト)を利用してみた

私は、職場の歓送迎会や式典などで、ちょいちょい司会をやってます。


その場にいる人に楽しんでもらえるようカンペを作ったり、サクラを仕込んだりと、裏では入念な準備をしています。教員という職業柄、人前でしゃべれてあたりまえな所もあって、ハードルが高いんです。

先日、送別会のビンゴ担当をしたので、その時のことをブログにまとめておきます。結婚式の二次会や職場のイベント等で幹事をされる際に、参考にしてください。


景品はネット注文

オススメのサイトは二次会の虎です。Amazon楽天でも取り扱いされており、予算に合ったセットを選んで、ポチるだけです。

[asin:B0728K4656:detail]


会場に直接発送してもらうと便利

そうすると、当日身軽な状態で会場に行けます。ちょっと早めに現地入りして、景品の商品が紹介されたパネルと目録を並べるだけです。
会場の担当者には事前連絡を入れ、前日に届くように手配しました。


その他に、いるもの

  • ビンゴカード(100均)
  • 模造紙に1から75まで数字を記入したもの(出て来た数字を丸するだけなので、進行がスムーズになります)
  • 景品引き換えカード(1番にビンゴになった方から、好きな景品を選んでもらえるようにしました)
  • 司会進行カンペ(ネットにたくさんあります。プリントアウトしておきました)

後日、各自で申し込む

カタログギフトの商品を頼む要領で、目録の中に専用の申し込み用紙が入っており、帰宅後、各自で手続きしてもらう段取りとなっています。

要冷蔵のアイスクリームや牛肉などの食べ物や、重たい家電も自宅に届くので景品の選択肢が広がりました。


私のこだわりポイントは、ビンゴ当選者に順番に景品を選んでもらう

景品引き換え券制度にしたので、なるべく好きなものを選んでもらえるようにしました。
今回送別会だったので、門出のお祝いとして、景品を退職される方に譲ってくださる光景を数名見受けられ、人の優しさにウルウルしました。←いい職場やなっと、自画自賛しておきます。


教員における宴会スキルについて

宴会スキルを磨くことは、本業にも役立ちます。

若手の方はどんどん宴会幹事に挑戦して欲しいですね。
そこで身についた技術は、学校行事の段取りを決めたり、当日の進行の時に役立ちます。
生徒や外部の前で失敗するよりも、身内の前で恥かきまくって学んどけばいいのではないでしょうか。

数をこなすことで、腕は上がりまっせ。

またまた、胃がんとは関係ないネタでしたが、読んでくださりありがとうございます。

以上、胃がん克服ママいずみでした。

はじめての方は、こちら

無料配布しているセルフマガジンの申し込みはこちら。 いのちだいじニストの書 希望 個人情報は、発送以外には使用いたしません。遠慮なく申し込んでください。


胃がんランキングへ

はじめての方は、こちら