胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

セルフマガジンを初配布してみた

かさこ塾大阪フェスタにて、セルフマガジンを配布設置させてもらいました。

30冊あっという間になくなってたそうです。お手にとってもらえた方、本当に本当にありがとうございます。

夕方追加で20冊持っていき、事前にマガジンの予約していた方を探しては渡し、京都4期(同期)を見つけては押しつけてきました。

「マガジン作るときは、声かけてー」と一言添えながら。あのメンバーで集まって、ワイワイやれたら楽しいだろなと。2冊目のマガジンは、同期から意見をもらってバージョンアップしたものを作りたいからです。

そのためには、

あと、50冊さばかなくちゃ!

近々フォームを立ち上げますので、お申し込みください。無料でお送りします。個人情報は、マガジンの発送に関すること以外には利用いたしません。

 

セルフマガジンを作ることは、生き甲斐になります

自分の考えや経験してきたことを、セルフマガジンを作る過程でまとめます。

その作業は、自己を知ることでした。そして、そんな私と関わってくださっている方たちとのも再確認でしました。

塾長のかさこさんは、「人生の棚卸し」と表現されています。

長い短いはありますが、私たちは限られた時間の中で生きています。

言葉で自分が生きた証を残すこと

日記ではなく、他者と共有しながら形に残せるって素敵なことだと私は感じます。

 

がんになったことを公表すると、つながる縁

以前は、わざわざ自分からがんのことは言わなかったです。

セルフマガジンを受け取ってもらった方から、ご自身やご家族が、がんと関わってこられた話を伺いました。

あー大変やったよなぁ、お互い

同じ病気に苦しめられた連帯感というか、不思議な話、時空を越えて一瞬で、つながりを感じます。

 

作りませんか?セルフマガジン

体調が悪いとそれに連動して気持ちも下がります。そんな時に、テンションを維持するためには、予定を考えたり、自分が楽しくなるように行動していました。実際、家を建てたり、旅行も何度かしました。

好きなことをしていると、気持ちが連動して体調もよかったです。抗がん剤の副作用も、医者の見立てでは軽い方とのことでした。(自分比では、苦しかったですが)

 

セルフマガジンもその一つです。

今はまだ作る方が楽しいです。配る方は勇気がいります。でも、だんだん抵抗なく渡せるような気もしています。それはなぜかというと、かさこ塾の塾生がフランクな方が多く、自分もそんな風になれそうやなって思えるからです。環境って、大事ですね。

 

フェスタの滞在時間は90分ほどでした。着いてすぐに、かさこさんに会えて、念願の直接会った人だけにしか渡してもらえない「秘密のかさこマガジン」をもらいました。その時、私のセルフマガジンも受け取ってもらいたかったのですが、言い出せませんでした。

 

かさこさんのライブを聞いたり、塾生仲間とものすごい勢いで話しまわり、帰ろうと思ったタイミングでまた、かさこさんに会えたので

セルフマガジンを、かさこさんに渡しました

たった90分でも、自分は変われるんやなぁと感じた出来事でした。

帰りの電車で、「秘密のマガジン」を読みながら、あの時、ライブの感想を伝えるべきだったことに気がつきました。

自意識過剰を克服したセルフマガジンをさりげなく渡せる人やったら、心に余裕を持てたのになぁと。

 

ライブの感想は、また改めてブログで書けばいっか♪

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ

にほんブログ村:title][http://www..com/

胃がんランキングへ:title]