胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

思考停止について再提言

 ハンナアーレントの「思考停止」の考え方について、このブログでも紹介しました。

Let's アンチ思考停止 - 胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

 

そのハンナアーレントの著書『全体主義の起源』が、NHKの100分de名著で読み解かれています。第1回、第2回放送も見ましたが、まだ前振りでした。おそらく、今夜(9月18日)放送の第3回が核心になるんちゃうかなと、胃がん克服ママは予想しています。

 

 

 

思考停止になる仕組み

胃がんを宣告されたときも、北朝鮮のミサイル発射の警報も、同じ構造(仕組み)です。

それは、パニックや不安な状況ほど、人間は思考停止になります。

そんな時は、周囲の強めの意見に流されてしまいます。その情報が正しかろうが、間違ってるかだろうが関係はありません。

 

職場で地震があったとき

職場で60人ぐらいで教員研修を受けていたときに、強めの地震がおきました。平然と座っている人が多かった中で、私はダッシュで逃げる算段をとりました。

部屋のドアと建物のドアをあけ、避難経路を確保しました。幸いなことに地震は、おさまり何ともなかったです。そして私は静かにドアをもどし、しれっと席に座りました。

あの時、ひとりで逃げやった!

と、後から笑い者になるくらい何ともないことです。むしろ、関西のノリ的には、おいしいやん!

 

みんなが座っている中、ひとり違った行動をするのは勇気がいります。でも、私は動きます。だって、

命の方が大事だから

万が一のとき教員は、生徒を安全な場所まで誘導し守らなければなりません。

思考停止している猶予は、私たちにはありません。自分の判断でパッと動き、さらに指示を出さなきゃなりません。あっては欲しくありまけんが、万が一のときの予行練習が出来たと自負してます。

 

前回までの放送は人種差別のことがメインでした。これはこれで勉強になりました。

全体におまかせになる構造(=思考停止になる仕組み)が、今夜テレビで放送されるので興味がある方は見てください。

 

思考停止なっていませんかー?

私は口をすっぱくして言い続けます。

これを読まれているあなたの命が大事だから。

あなたを守れるのは、あなたの思考です

 

以上、NHKのまわし者?!胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ