胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

五山の送り火を心に灯す


f:id:inochidaiji:20170816230501j:image

 

出町柳のちゃんこ屋さん(写真のうっすら見える看板のお店)で、職場のOBの集まりがあり、私は現役やのに(しかもノリで家族ごと招待され)参加しました。

 

今日は五山の送り火なので、お店の前から「大」がよく見えました。他にも道路を渡ったところで「法」も見ることができました。

 

送り火をみながら、それぞれが故人を偲びました。仕事仲間の先生、奥様、我が家は夫の母、ご先祖さま、、、。しんみりしました。私たちにとって送り火とは、観光ではありません。先祖の霊や故人が還られるのを見送るものです。

 

「無事にあの世に還らはったなぁ」と、部屋にもどるやいなや酒盛り再開。

還暦オーバーの先生たちは、ほんまによく飲み、よく食べ、よく笑います。豪快な方ばかり。そして職業柄、声もめっちゃでかい。ほんとに楽しい夜を過ごしました。娘も飲み会に馴染んでおり、将来いけるクチになりそう。

 

もう少し発見遅れてたら、私は見送られる側になってたんやなぁ

 楽しい光景の中、こういうこと考えちゃいます。そして、生きていてよかったと、かみしめます。

 

宴の最後は、素敵な言葉で締めくくられました。

毎年こうやってみんなで集まり、故人との思い出話に花を咲かせることは、愛の一部ですね。

愛の中で生きてきた人たちは、かっこよかったです。

 

飲み会終わりに酔った勢いでコンビニスイーツを買ったものの、ブログを書いているうちに酔いが醒め、明日にまわす!こう書かなきゃ食べてしまいそうになる、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださりありがとうございます。

 

[http://www..com/にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村:title]