胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

メアリと魔法の花は、二流

以前、一流と二流の違いについて冷泉為人氏の言葉を紹介しました。

 

がん治療をマロ的に考えてみた - 胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

一流と二流の違い

お公家さんは、次のこともおっしゃってました。

一流のものは、黙っていても誰もがこれはすばらしいと認められるもの

二流のものは、説明や理屈を加えなければ認められないもの

 

メアリは二流

昨日観た『メアリと魔法の花』は、訴えかけるものがありませんでした。

アンパンマンにしろ、ドラえもんにしろ、1本の映画の中に観客が受け取れるメッセージがあります。クレヨンしんちゃんのシリリンなんかは、これでもかっておしてました。

 

メアリのメッセージは何だったのか?

パンフレットを読んだり、誰かが考察したブログを見て回れば分かるのかもしれません。

でも、それって説明や理屈を加えることですよね。

たしかに、映像はきれいでした。

ジブリが大好きな人を喜ばせようという心意気も伝わりました。

だけど、心を動かされるような感動はなかったです。

(私の場合ですが。)

押しつけすぎないように、あえてしてるのかもしれませんが、それが意図的で逆にシラケました。

ジブリに忠実そうに見えますが、心から楽しんで作ってはったのかな?

なんか、わざとらしい!

映画を観ながら、ずっとこう思ってました。

だから、私はメアリの世界には入りこめませんでした。

うちの子どもも集中力はきれてました。

映画の途中で、関係ない話はしてくるし、ポップコーンや飲み物やら、世話をやかされました。

終わってから「どうやった?」と聞いたら、微妙な顔で「楽しかった」と言うてました。

映画を観るときは、大人も子どもも

ドントシンク、フィーーーーールやで

 

人生を一流に

思考停止はあかんけども

思考ばっかりも面白ない

素敵な人や作品に出会って

心を動かされたい

それが分かる心(教養)も欲しい

せっかく生まれてきたんやし

一流の人生を楽しみたい

 

以上、胃がん克服ママいずみでした。本日もお読みくださり、ありがとうございます。