胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

がんにまつわる金銭事情

どうも、胃がん克服ママいずみです。

本日は、がんにまつわるお金の話をまとめてみます。

 

保険に入っていてよかった!

がんの治療は健康保険がききますが、お金がかかります。入院手術ではい終了とはなりませんでした。私は3ヶ月に一度検査があります。はじめの1年間は抗がん剤もあり、ざっくりですが医療費に50万円かかりました。

私は医療保険に入っていたおかげで、お金のことを気にせず、治療を選択することができました。

いいんだが悪いんだが微妙な話ですが、がんになって支払った医療費よりも、支払われた保険金の方が多く黒字です。

お金の面で助けられましたが、それ以上に保険に入っておいてよかったと思うことは、安心感を得られることです。

というのも、再発の可能性が高い5年間は新たに医療保険に入れないのです。

だから、がんになる前に保険に入っていてよかったです。私に万が一があっても、保険金がはいるので、お金の面で子どもが成人するまでサポートができます。

保険は若くて健康であればあるほど、選択肢の幅が広がります。

 

共済の保険と保険のおばちゃんの保険

私はうっかり解約しそびれて、両方に入っておりました。

共済の保険は値段が安いですが、請求の手続きを自分でしなければなりません。しっかり契約書を読んではいたのですが、休職の間の保障特約をつけていたことを見落としていて、復帰してから職場で雑談しているときに気づき、後から請求しました。

保険のおばちゃんの方は、割高です。その分、おばちゃんの指示通りにすればよかったので楽チンでした。共済保険も同じ会社だったので、請求の段取りなどは、おばちゃんに習った通りにやれました。

(同じ会社にかけていたので解約しなあかんと思いつつ、ほったらかしにしていたら、がんになってしまったのです)

あと3年は他の保険に入れないのと、リスクも高い現状なので、このまま2つの保険を継続します。年末調整のたびに、医療費かけすぎてるなぁと思うのですが、、、仕方がない。

 

住宅ローンについて

嫌な思いをして手に入ったお金(保険金)は、手元に置いておきたくなくて、すぐに使ってしまおうと、私はそれを頭金にして住宅ローンを組み家を建てました。

やはり新たに医療保険に入れないのと同様に、住宅ローンもかなり制限がかかり、フラット35で組みました。探せば他にもあったのかもしれませんが、私の金融リテラシーでは限界でした。

世の中には利率はあがりますが、がんになったらチャラになる住宅ローンもあります。

健康なときに住宅ローンを組んでおきゃよかったと、がんを経験してから思います。

が、こればっかりは結果論で、命が助かっただけでも、もうけてると思わなきゃですね。