胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

命の話

胃がん克服ママ流、メンタルがやられてるなってときの対処法

今年の胃がん克服ママは、絶賛、絶不調でございます。震度5の地震、大雨洪水の危機、旅行に行けば宿泊先が火事になり、その次に行った旅行では、強風で飛行機が大幅に遅れ、トランジットの際に荷物が現地に残されました。今度は台風21号で、職場が雨漏り…

がんになる苦しみについて考えました

先日、臨床仏教師養成講座のワークショップで、ジョナサン ワッツ氏から「苦しみの3分類」について学んできました。元ネタは、ノルウェーの平和学者ヨハン・ガルトゥングの「構造的暴力」」と、仏教における「苦しみの分析」である四諦の〈集〉をミックスさ…

大雨を降らした雲の上でも、星は輝く

今週のお題「星に願いを」 我が家の状況 私の住む地域は浸水せず無事でした。5年前に洪水を経験しているので、覚悟はしていました。我が家は避難所には行かず自宅に残る決断をしました。車両保険に入っていない車だけ、ご近所の家に避難させてもらいました…

羅生門から学べること2

羅生門について 国語科ではど定番の作品で、ご存知の方が多いかと思いますが、ざっくり説明します。北斗の拳のような世紀末な社会で、仕事と住む場所を失った主人公が、頼る人もいなく、明日からの暮らしのメドが立てられず悩んでいるところから物語がはじま…

現代の日本社会における宗教の必要性

私は学生時代に宗教の知識を学び、現在はその学んだことを生徒に伝える仕事をしています。先日、授業中に「宗教っているん?」って質問がありました。 基本的に幸せだったら、宗教はいらない これは、私の答えです。生徒にも次のように説明しています。まず…

人類は組織で進化する

私たち人類の驚異的な進歩って、組織や共同体で生きていることで、成し得てきています。 以前ブログで紹介したNHKスペシャル『人類誕生』では、ネアンデルタール人は、人類より個体として優れていたにもかかわらず滅びたのは集団形成の違いに由縁すると、…

家を建てる時に、こだわったこと

地震や台風に強い家 私が家を建てる時に、一番こだわったところは、 この家やから大丈夫 って、災害のまっただ中で自分に言い聞かせられる家にすることでした。今回の地震の時も、心の中で「この家やから大丈夫」って呪文のように唱えてました。ちなみに家の…

団塊の世代から学んだこと

今週のお題「おとうさん」 私の父は、団塊の世代 団塊の世代(だんかいのせだい)とは、日本において、第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代を指す[1]。焼け跡世代(あるいは戦中生まれ世代)の次の世代に当たり、第二次世界大戦直後の1947年(昭和…

泥沼でもがけば、深みにはまるだけ

頑張っても頑張っても、自分の力では、どうしようもできない事って人生にはあります。そんな時に限って もがけばもがくほど、あかん方向にいってしまいます 土台がしっかりしていないと、踏ん張れない そんな時は、まず自分を取り巻く環境の見直しから取り掛…

坊ちゃんから学べること

夏目漱石の『坊ちゃん』の主人公は、父と母と兄の4人家族です。主人公は、ヤンチャでカッとなったら手が出るところがあります。一方兄は、勉強はできるけれど卑怯なところがあります。両親は、兄ばかり可愛がっていたようです。子どもにとって家族は、世界…

ドラクエから、生き方を考える(2)

ドラクエ内では、がんがんいこう 私のドラクエの進め方は「がんがんいこう」です。攻撃系の魔法を使いまくって、敵をどんどん倒します。回復もギリギリまでしません。まとめて「まんたん」です。MPを使いきる直前でリレミト、ルーラ、宿屋で回復します。時々…

おかあさんの背中

今週のお題「おかあさん」今月で夫の母が亡くなって6年が経ちました。それでも、スーパーや道ばたで、おかあさんとバッタリ会える感覚が残っています。 後ろ姿が似た人を見たとき よく似た背格好をしてる人を、遠くから見かけたとき 頭ではわかっているのに…

学友のススメ

本日から臨床仏教師になるためのワークショップが始まりました。参加者は40名ぐらいです。日本各地から、臨床仏教の勉強をするために月2回京都で集まりがあります。 同志について 本日は新しい出会いがたくさんありました。 同じ目標に向かって、学びあう…

やっぱり「いのちだいじに」に限る

新年度になってから、不安で寝れなかったり、残業、休日出勤、夫婦喧嘩が増えました。自分のメンタル弱さに途方にくれています。というわけで、現状を一度、ブログに書いて整理することにしました。 先月の職場の送別会 私も送られる側に並ぶはずやったのに…

NHKスペシャル人類誕生から学んだこと

人類は分け合うことで生存競争に勝ち残ることができた 4月8日放送のNHKスペシャルは興味深い内容でした。ナビゲーターは、37歳、ホモ・サピエンス、オス、 #高橋一生 さん。共演のかわいい猿人にも注目です!!疾走感あるオープニングの映像と音楽。ハリウ…

死の覚悟×けテぶれ

高校生の時にイラクで人質になった今井さんのツイートです。死ぬことは怖い。でも、受け入れられる自分がいる。長く生きたいし、22世紀をみたい。でも、一度死んだような経験があったからこそ、ある種受け入れられる。理解してもらえないかもしれないが、自…

「いのち」を歌うこと

当ブログで私は常々命の大切さを伝えています。今回、その延長で、歌でもって表現することに挑戦しました。中島みゆきの『時代』を歌ってきました。朝のリハーサルのときは声は出ないし歌詞は飛びまくるわで大失敗。本番まで1時間カラオケに行って悪あがきし…

自転車の変速器みたいなので心も調節できたらいいのにね

自転車通勤をはじめてまもなく1年になります。私の自転車は24段変速で、坂の具合いに合わせて、ギアチェンジしています。 上り坂のときは軽く 下り坂のときは重く 比較できるorできない のぼりの坂道が辛い時にギアを「2」から「1」に軽くすると、楽に…

センター試験の国語が泣けた

今週のお題「受験」 今年の小説は、大人向き 青春まっさかりの子たちに、夫を失った主婦が、初盆を迎えるにあたって思い出にひたる話は、いかがなもんかと思いましたが、問題解きながら泣きそうになるくらい、いいお話でした。 井上荒野「キュウリいろいろ」…

鳥の目線で

鳥の目線とは 一流のサッカーやラグビー選手が、試合中に絶妙なタイミングでパスを出すとき、本人はグラントにいるんやけども、空から鳥のように試合の展開を眺めている状態になるそうです。この見え方のことを俯瞰(ふかん)と言います。 俯瞰(ふかん) ふ…

臨床仏教の講義で感じたこと

今年の10月から、月に2回、臨床仏教の講座に通って、仏教の理論をさまざまな現場で実践されてる話を聴いています。 共通していること どの現場でも共通していることは、困難な状況におちいったとき、人は潜在的につながりを求めていることです。私自身は…

お墓はいる?いらない?

私は以前、お墓はいらないとブログで発言しました。 私の遺影にむかって、毎日ニコっと微笑んでもらえたら、それで十分です。 吉水 岳彦氏(ひとさじの会)の講義 本日、臨床仏教の講義を受けて、お墓を求める人がいる現実を学びました。おにぎりの話を聴い…

サンタさんに、来てもらうために

ここのところ、わがまま放題の娘に、振り回されております。こちら(大人)を試しているところがあり、だいぶ神経を消耗しております。 謝り上手な娘 私が注意したり怒ると素直に謝ります。時には、大粒の涙をこぼして。 娘にとっては、早く許してもらうため…

アクティブカラーセラピーをセルフでやってみた

アクティブカラーセラピーとは 「アクティブ・カラーセラピー」は、12色のカラードットの中から、クライアントが惹かれる色を選んで頂き、自分自身の言葉で、自分の中にある答えに気づくというシンプルで独自の手法による九州発のオリジナルカラーセラピーで…

よだかの星から学べること

宮沢賢治の『よだかの星』を授業で読みます。 あらすじ よだかは、美しいはちすずめやかわせみの兄でありながら、容姿が醜く不格好なゆえに鳥の仲間から嫌われ、鷹からも「たか」の名前を使うな「市蔵」にせよと改名を強要され、故郷を捨てる。 自分が生きる…

松山千春の歌から学べること

大空と大地の中で 生きることがつらいとか 苦しいだとか 言うまえに 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ 私は、今、このフレーズがたまらなく好きです。 なぜなら、野生の動植物は、その生を(文句も言わず)まっとうするからです 日陰の花は、日なたの花…

人生に、つながる喜びを

私は歌が上手ではありませんが、歌うことが大好きで、学生時代は合唱部に所属してました。 60人で歌っちゃいました 先日、大学時代の合唱部の歴代のOBと現役生で集まった飲み会(会場は貸切)がありました。 せっかく(元)合唱人が集まるのだから、みんな…

おかげさまの命と感謝の気持ち

今月で、胃がん手術から丸3年となりました。当時、2歳だった娘は5歳の誕生日を迎えます。ありがたいことに、「我が子の成長を見届けたい」という願いが叶い続けています。 この世界に私を導いてくれたのは、父と母、祖父母、ご先祖様たちのおかげです。 …

辛い治療時に、エステのご褒美はどうでしょうか?

待望の『ふうマガジン』が届きました! 表紙の美人ちゃんは、静岡でエステサロンをされている 岡 ふみこ さん です。 見た目からは想像しにくいのですが、松岡修造ばりの熱いブログを書かれいます。 命を伝える自然派エステティシャン 岡ふみこのブログ 私は…

モアナのおばあちゃんから学んだこと

モアナの好きなセリフ タラ「あたしが死んだらエイになってもどってくるよ。このタトゥーを選んだんだからね。」 モアナ「おばあちゃん、ちょっと変よ。」 タラ「一人くらい変なのがいてもいい。村にはね。」 タラは、モアナのおばぁちゃんです。彼女は、村…