胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話

いのちだいじニスト 残った3分の1の「胃の力(いのちCOLOR)」をお見せします

命の話

センター試験の国語が泣けた

今週のお題「受験」 今年の小説は、大人向き 青春まっさかりの子たちに、夫を失った主婦が、初盆を迎えるにあたって思い出にひたる話は、いかがなもんかと思いましたが、問題解きながら泣きそうになるくらい、いいお話でした。 井上荒野「キュウリいろいろ」…

鳥の目線で

鳥の目線とは 一流のサッカーやラグビー選手が、試合中に絶妙なタイミングでパスを出すとき、本人はグラントにいるんやけども、空から鳥のように試合の展開を眺めている状態になるそうです。この見え方のことを俯瞰(ふかん)と言います。 俯瞰(ふかん) ふ…

臨床仏教の講義で感じたこと

今年の10月から、月に2回、臨床仏教の講座に通って、仏教の理論をさまざまな現場で実践されてる話を聴いています。 共通していること どの現場でも共通していることは、困難な状況におちいったとき、人は潜在的につながりを求めていることです。私自身は…

お墓はいる?いらない?

私は以前、お墓はいらないとブログで発言しました。 私の遺影にむかって、毎日ニコっと微笑んでもらえたら、それで十分です。 吉水 岳彦氏(ひとさじの会)の講義 本日、臨床仏教の講義を受けて、お墓を求める人がいる現実を学びました。おにぎりの話を聴い…

サンタさんに、来てもらうために

ここのところ、わがまま放題の娘に、振り回されております。こちら(大人)を試しているところがあり、だいぶ神経を消耗しております。 謝り上手な娘 私が注意したり怒ると素直に謝ります。時には、大粒の涙をこぼして。 娘にとっては、早く許してもらうため…

アクティブカラーセラピーをセルフでやってみた

アクティブカラーセラピーとは 「アクティブ・カラーセラピー」は、12色のカラードットの中から、クライアントが惹かれる色を選んで頂き、自分自身の言葉で、自分の中にある答えに気づくというシンプルで独自の手法による九州発のオリジナルカラーセラピーで…

よだかの星から学べること

宮沢賢治の『よだかの星』を授業で読みます。 あらすじ よだかは、美しいはちすずめやかわせみの兄でありながら、容姿が醜く不格好なゆえに鳥の仲間から嫌われ、鷹からも「たか」の名前を使うな「市蔵」にせよと改名を強要され、故郷を捨てる。 自分が生きる…

松山千春の歌から学べること

大空と大地の中で 生きることがつらいとか 苦しいだとか 言うまえに 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ 私は、今、このフレーズがたまらなく好きです。 なぜなら、野生の動植物は、その生を(文句も言わず)まっとうするからです 日陰の花は、日なたの花…

人生に、つながる喜びを

私は歌が上手ではありませんが、歌うことが大好きで、学生時代は合唱部に所属してました。 60人で歌っちゃいました 先日、大学時代の合唱部の歴代のOBと現役生で集まった飲み会(会場は貸切)がありました。 せっかく(元)合唱人が集まるのだから、みんな…

おかげさまの命と感謝の気持ち

今月で、胃がん手術から丸3年となりました。当時、2歳だった娘は5歳の誕生日を迎えます。ありがたいことに、「我が子の成長を見届けたい」という願いが叶い続けています。 この世界に私を導いてくれたのは、父と母、祖父母、ご先祖様たちのおかげです。 …

辛い治療時に、エステのご褒美はどうでしょうか?

待望の『ふうマガジン』が届きました! 表紙の美人ちゃんは、静岡でエステサロンをされている 岡 ふみこ さん です。 見た目からは想像しにくいのですが、松岡修造ばりの熱いブログを書かれいます。 命を伝える自然派エステティシャン 岡ふみこのブログ 私は…

モアナのおばあちゃんから学んだこと

モアナの好きなセリフ タラ「あたしが死んだらエイになってもどってくるよ。このタトゥーを選んだんだからね。」 モアナ「おばあちゃん、ちょっと変よ。」 タラ「一人くらい変なのがいてもいい。村にはね。」 タラは、モアナのおばぁちゃんです。彼女は、村…

現代医療の中で、いかに死ぬか

私は、いのちだいじ二スト 最期の瞬間まで命を大事にする方法を考えています。いかに死ぬかを考えたとき、私はなるべく自然な状態で往けることを望んでいます。 この件に関しては、先日、臨床仏教師公開講座のカールベッカー氏の講義を聴いて、考えるように…

ディズニーマニアから学んだこと

事前にミッションを決めておく ディズニーやUSJなどめったに行けない場所や旅行に行く前、私は これだけはやっておきたいこと を決めておいてから、楽しむようにしています。 ちなみに今回のかさこ塾フェスタ大阪は セルフマガジンをもらう&配布 千景ちゃん…

心は世界を映す鏡

あなたが見ている世界は、あなたの心です。 なんか最近うまくいかないことが多いなぁってときは、あなたの心にサングラスがかかっている可能性を考えてください。 たとえば、トンネルに入ると隣の人の顔色が悪く見えるけれど、トンネルを抜けたら顔色は良く…

世界はひとつだが、見え方は無数ある

世界はひとつだが 捉え方はひとりひとり違う たとえば私が見ている赤は みんなが見ている色と ほんまに同じ色なのだろうか 周りとの違いに気づくことで 自分が浮き彫りになる 自分が洗脳されていることは 染まっている間は分からない 金子みすずは言った 「…

臨床仏教師の勉強をはじめました

関西で臨床仏教師の養成講座が開講されるとのことで、参加してきました。 来ちゃった!#臨床仏教公開講座 pic.twitter.com/3penO1y8xC— 胃がん克服ママいずみ (@inochidaiji) 2017年10月10日 1回目の講座は、消化不良 3人の講師が、小刻みで自分の専門分野…

没頭してたときの過去は、現在とすぐつながる

本家とミニ 私が子ども時代使っていたもの(故障中)を出して、ミニと並べて撮影してみました。こんなにコンパクトになったのに、中にソフトがいっぱいつまってるなんて、びっくりですね。科学技術の進歩を感じました。 ドラクエまだ終わってないのに、あっ…

我が子の不安を消し去りたい

あなたが5歳の幼稚園児の頃、もし魔法が使えるなら何を望みましたか? 私は、当時キキララちゃんが大好きだったので、キキララちゃんと一緒に雲のお家で遊ぶことを望んだとおもいます。 あと、ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家にも行ってみたかっ…

我が家の天使

娘は最近、おもちゃの宝石を隠して見つける遊びにはまってます。 ピンクのバラの宝石を見つけた人は、優しい心になる青いバラの形をした宝石を見つけたら願い事が叶う などと、私が適当につくった設定を信じてくれています。 青いバラの宝石をぎゅっとにぎっ…

教育現場は、失敗から学ぶ場所でもある

博多高校の暴行動画のニュースは、私にとってはショックであり、そして、考えさせられる内容でした。 私がその動画をはじめて見たときに、同じ空間にいる周りの生徒たちの反応に、目がいきました。 私は今回の傍観者たちをせめているわけではありません。あ…

博多高校の暴力動画から学べること

福岡・博多高校で「暴行動画」流出、大炎上 生徒が教師を蹴りつけ、クラスは「爆笑」 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース 同意します。たとえば、駅で高校生が暴れていたら通報しますよね。その感覚がなぜ現場ではわかないのでしょうか?そんな場所に大切…

ホリエモンの多動力から、時間について考える

多動力を読んでみて 多動力 (NewsPicks Book) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/05/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る ホリエモンの『多動力』を読みました。Kindleで半額セールしていたので、前から気になって…

思考停止について再提言

ハンナアーレントの「思考停止」の考え方について、このブログでも紹介しました。 Let's アンチ思考停止 - 胃がん克服ママいずみのガン体験記&命の話 そのハンナアーレントの著書『全体主義の起源』が、NHKの100分de名著で読み解かれています。第1回、第2…

高卒認定試験の裏技ルート

高卒認定試験のすすめ 9月1日、新学期が始まりましたね。 散々メディアやSNSで言われておりますが、学校だけが全てじゃありません。私も学校は無理に行かなくていいと考えています。高校に行かなくても高卒認定試験に合格すれば、専門学校や大学短大に進学…

記念写真について

旅の思い出に記念写真 私はテーマパークや観光地では、記念写真を撮るようにしています。 大判の写真1枚、1000円から1800円ぐらいします。今まで払った最高額は、ユニバーサルスタジオのキティーちゃんで、彼女からは1800リボンを請求されました。可愛いけ…

胃がんをきっかけに天命を知る

厚かましく大袈裟に生きる 3年前いろんな偶然が重なり ギリギリセーフで助かった 命がつながったことが嬉しくて 感謝の気持ちで心が満たされる 天に生かされた命となった 自然や芸術に感動するように 自分と自分以外の境界線が消える つながりの中で生きて…

五山の送り火を心に灯す

出町柳のちゃんこ屋さん(写真のうっすら見える看板のお店)で、職場のOBの集まりがあり、私は現役やのに(しかもノリで家族ごと招待され)参加しました。 今日は五山の送り火なので、お店の前から「大」がよく見えました。他にも道路を渡ったところで「法」…

亡くなった義母からのおくりもの

娘が生まれる前に、お腹の羊水が足りないとのことで入院しました。私も娘も大変な状態ではなく、臨月でいつ生まれてもおかしくない時期だったので、念のための入院でした。 周りは絶対安静にしていないといけない妊婦さんばかり。一方の私は、散歩のノルマや…

六道まいり(京都)は、ご存じですか?

お迎えに行ってきました 夫の実家では、お盆前にご先祖さまをお迎えするために、珍皇寺 というお寺にお参りします。結婚当初から、都合があえば連れていってもらっています。 精霊迎え 六道まいり|大椿山 六道珍皇寺 公式サイト 六道まいりですること 塔婆…